Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『9月定例会』一般質問通告

本日正午が、一般質問通告提出の締め切りでした。

16番目に提出したので、9月7日午前10時からの登壇になります。

通告内容は、次の通りです。


(1)市政一般について

   ア 放射能汚染対策について

       (ア)子どもを被曝から守るために、取り組んでいることは何か。

       (イ)課題はあるか。

   イ (仮称)戸室ハイツ建設について

       (ア)進捗状況は。

       (イ)配慮している点は。

       (ウ)建設後に取り壊す市営住宅の土地の活用方法は。



場所は、市役所の5階です。

お時間のある方は、是非傍聴にいらして下さい。
スポンサーサイト

『読書会』と『議案勉強会』と『あつぎジャズナイト』

昨日午前中は、読書会に参加させていただきました。

この読書会は、戸室ニューシニアクラブの種目の内の一つです。

戸室ニューシニアクラブは、文化・スポーツなどの趣味や特技を生かし、地域の仲間との親睦を深め、健康増進・楽しみ作りを目的に発足しました。

私は、立ち上げ当初から、相談役として深く関わらせて頂いています。

何事も新しく始める時には、多くのエネルギーを使います。

第一回めの立ち上げ会議の際には、このことを列車の出発に例えて挨拶をさせていただいた記憶がありますが、「他の団体との違いは何か」「なぜ必要なのか」など多くの議論を重ね、試行錯誤の末、平成20年に始まりました。

グランドゴルフの活動場所の確保など、当時の相談役の唯一の議員として、市との交渉を重ねました。

4年目になる現在の種目は、グランドゴルフ・健康マージャン・卓球・読書会・文章を書く会です。


昨日参加した読書会で取り上げた本は、『八日目の蝉』でした。

会員は、当日までにその本を読んでから参加します。

そして、感想を語り合い、文学に造詣の深い先生の解説を聞いて、また、感想などを発言します。

参加する前日、久しぶりに読書をしました。

親子の愛について考えさせられる本ですので、読みすすめるうちに子どもを抱きしめたくなりました。

子どもたちが寝ている部屋に行き、3人の子どもの頬を交互にさすりながら読みました。

一番上の娘は、高校1年生です。

寝ている娘の頬をなでたのは、何年ぶりでしょう。

娘が幼いころは、学校や幼稚園から帰ると、毎日抱きしめていました。

十数年前の幼い娘の姿を思い返し、くすぐったい気持ちになりました。

最近、仕事にかかわる本ばかり読んでいますが、文学を楽しむ時間を作ることも大切だなぁと思いました。



午後1時からは、8月30日から始まる9月定例会の議案の勉強会でした。

9月定例会の主な議案は、前年度の決算審査です。

平成22年度の税金の使い道は適正だったのか審議する決算審査は、決算特別委員会で行われます。

会派民主クラブでは、私が決算特別委員会の委員を務めます。

会派の意見をまとめ、しっかり発言して今後の予算編成に反映できるように頑張ります。

この事業は必要なのか、もっと予算を減らしてもいいのではないか、逆に、もっと予算を増やし充実させた方がいいのではないかなど、ご意見などありましたら、お声を聞かせてください。



夜は、厚木公園で『あつぎジャズナイト』がありました。

開会式に参加した後、家族と同流し、ジャズを聴きながら、屋台のおいしい食事と生ビールを楽しみました。

4歳の息子が通う保育所のお友達に、たくさん会いました。

「今日の夜ごはんはここで」と言うと、「うちも」と言いながら暫し談笑。

みんな働くお母さん。たまにはラクしたいですよね。

息子も、仲良しのお友達と一緒に、楽しそうに富士宮焼きそばを頬張っていました。

新議長・副議長

8月10日『臨時議会』がありました。

年4回の定例会(2月、6月、9月、12月)のほかに開く議会が、臨時会(臨時議会)です。

毎年、この時期の臨時会では、議長・副議長を決める選挙がおこなわれます。

今回のような改選の年には、8月1日から臨時会まで議長と副議長は不在になります。

その間の議長・副議長職は、代理として前議長・前副議長が務めます。

あゆまつりという厚木市最大のお祭りは、代理の議長・副議長が、市議会を代表して公務に当たります。

もっと早く臨時議会を開けないものなのか・・・2期目で気づいた疑問点です。



4年前は、初めての議長選でした。

当時を思い返すと、議長選前に、会派で推されている方が、その会派の代表者と挨拶にいらっしゃいました。

当選したばかりの新人でしたから、どのような思いをもって議長の職に当たろうとしていらっしゃるのか、分からず困った記憶があります。

『議会のあり方検討会』で、議長・副議長選の前に、立候補者が決意表明をする機会を作るか否かを協議した際、この時の思いを発言し、先輩・同僚議員の共感を頂きました。

更に、市民に開かれた議会として、多くの市民にこの決意表明をきいて頂けるよう、公開の場でとの意見も主張しました。

結果は、非公開の場でとのことでしたが、決意表明を行うことができるようになりました。一歩前進です。

その第一回目が、今回の議長・副議長選です。

非公開ですので、議会を一時休止(暫時休憩)し、議場から委員会室に移動して、立候補表明をしている3人の決意表明を聞きました。

そして、また議場に戻り、投票・開票し、議長に小島一郎議員、副議長に川口仁議員が当選されました。



その後、常任委員会と議会運営委員会、特別委員会の委員長と副委員長を決めました。

私は、総務企画常任委員会副委員長、議会運営委員会委員、広報広聴特別委員会委員となりました。

総務企画常任委員会副委員長は、昨年に引き続いて2度目です。

大先輩の沼田幸一委員長の補佐役として、しっかり務めてまいります。


また、広報広聴特別委員会は、『議会のあり方検討会』で協議した結果できた委員会です。

市民に身近な分かりやすい議会を目指し、市議会主催の議会報告会を行うことも協議していきます。

議会のあり方検討会から参加している委員として、取り組んでまいります。

«  | HOME |  »

2011-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。