Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議員クラブ勉強会

今日、議員クラブの勉強会がありました。

講師は、神奈川県衛生研究所所長 兼 茅ヶ崎保健福祉事務所所長 岡部英男氏。

「放射性物質と健康への影響について」をテーマに、質疑応答も含め1時間半の講義。

<外部被曝>

県内3ヵ所にあるモニタリングポストは、地上4.9mの場所にある。

原発事故後、「人が生活しているのは地上1メートル付近」との意見を受け、地上1mの測定も合わせて始めた。

雨が降ると数値が上がるが、普段は事故前と同じ数値。

<内部被曝>

椎茸、ほうれん草、牛肉、豚肉、原乳、あさり、お茶など、県内産の食品のヨウ素131とセシウム134、137の測定をしている。

国の基準が厳しくなったら、出荷が難しいものもでてくるが、現在出荷停止は湯河原のお茶のみ。

相模原市の乾燥椎茸は550ベクレル/㎏と、国の基準値をこえている。県は出荷自粛をお願いしている状況。

生椎茸は、石づきをカットして計測し、基準値以下。

食品の測定は、ヨウ素は半減期が短いので、今は問題視されていない。

県内でストロンチウム・プルトニウムを計測していないが、計測している福島県の数値を参考に、セシウムとの比率で計算すると、県内のストロンチウム・プルトニウムは極々微量。

そこで、セシウムだけが問題とされている。

しかし、人間には代謝機能がある。

セシウムは、半減期が長いが、90日で排出される。

子どもは代謝が早いので、生涯の被曝量は、大人と変わらない。

放射線は、DNAを分断する。

少しくらいの破壊は、全然心配ない。

破壊が大きいと、がん化する。

皆さんは、それを心配している。

<被ばくと健康について>

日本人は、年間1.5ミリシーベルトの自然放射線量を浴びている。世界平均は、2.4ミリシーベルト。

CT検査、マンモグラフィーなどの医療被曝は、日本人年間合計2.3ミリシーベルト。世界は、0.6ミリシーベルト。

年間被曝量が、100ミリシーベルトを超えた場合の影響が指摘されているが、明らかな証拠はない。

チェルノブイリでは、ミルクを飲んだ子どもが、数年後、多数、甲状腺がんになった。数百ベクレル以上の放射性ヨウ素を含んだミルクだった。日本の牛乳は、そんなに含まれていない。

原爆被爆者の多い長崎県・広島県は、平均寿命が全国で比較すると長い。

<食品の放射能に関する新基準値>

新基準の数値の紹介。

この中で、乳幼児には配慮しなければならないので、50ベクレルの基準がもうけられたとの説明があった。

<「今日のまとめです」と言われて>

神奈川県内での放射性物質測定は、衛生研究所等で実施している。

現段階で、いずれの測定結果も、健康に直ちに影響する数値ではない。

100ミリシーベルト未満の低い放射線量の被曝を受けた場合、がんになる人が増えるかどうかは、明確ではない。

がんの発生因子は、喫煙・飲酒などの生活習慣も関係がある。

放射線のリスクに向き合い、「不確かさ」を理解することも大事である。

放射性物質の正しい測定結果をもとに、過敏に反応するのではなく、適正に判断し、冷静に行動しなければならない。これにつきる。不安からくるメンタル面が原因の健康被害が、心配。





以上が、主な講義内容です。




司会者は、議員クラブ当番幹事。

挙手をし、指名されて質問。

<名切文梨>

先生のお話を伺い、毎日生活していて、健康被害の心配はないとの印象を受けた。

先生の言われる心配のない健康被害とは、今はないけれども、10年後20年後は分からないということですか。

<回答>

まさにその通りです。(後に続いた言葉は、あまりもの衝撃で覚えていません)

<名切文梨>

放射性物質を摂取した場合、子どもは代謝が早いから、との説明があった。

一方、新基準の説明の際、乳幼児には配慮しなければならないとの説明があった。

乳幼児は影響を受けやすいので配慮が必要で、子どもは代謝が早いので配慮は必要なく、大人は代謝が鈍るということか。

また、乳幼児と子どもの境目も分からない。

<回答>

違う。子どもも配慮しなければならない。




再び挙手。

先生は「どうぞ」と言って下さったが、司会者が他の質問者を指名。

限られた時間なので、質問を独占するのはルール違反だと思い、他の議員の質問を聞く。

挙手した3人の質問が終わり、再び挙手。

しかし、タイムアップで質問できませんでした。

終了後、講師の所に行き次のようにお願いしました。

「先生は、いろんなところで講義されていることと思います。

放射能の講演に出向く方は、今だけでなく、10年後20年後も知りたくて講義を聴いていると思います。

先生のような、県の偉い方の発言力・影響力の大きさを分かって欲しい。

また、今日は議員だけでなく、市の担当課の職員も参加していました。

『直ちに』の部分が置き去りにされて、今日の講義内容が、市の政策に反映されたら、厚木市の子どもたちの将来に影響する。

今後、同じ内容で講義されるときは、『健康への影響』の言葉の前に、必ず『今だけであって、10年後20年後ではない』との言葉を付けて欲しい」


先生は、「私は大丈夫とは言っていない」と言われました。

その通りです。

一言もいわれませんでした。

そして、私の勝手な印象は、心配しないように講義する使命があり、でも、言葉の端々から真実を読み取って欲しいとの思いがあったのではないかということです。(もちろん想像です)

なぜなら、私の質問にはっきり答えて下さった時、医師である所長の良心を、痛いほど感じたからです。

そのことを、講義中のメモを読み返し、強く強く感じました。
スポンサーサイト

平成24年がスタート

昨夜は、年越しうどん(長男がそばアレルギーのため、我が家では、毎年、年越しうどんです)を食べながら、家族で一年を振り返りました。

東日本大震災、台風など、天災の多い年でした。

また、原発事故により、生活、環境が、一変した年でもありました。

我が家にとっては、長女の高校受験、長男の一週間の入院、私の選挙と、家族で乗り越えることの多い年でした。

同時に、多くの出会いがあり、絆が深まり、学びの一年でもありました。

そして迎えた新年。

年越しは、前年同様、地元の子之神社で・・・。

今年は風がなく、寒さもそれほど感じませんでした。

午前10時からの新年拝賀式にも、例年通り参列させて頂き、地元の市議会議員を代表して、御玉串をあげさせて頂きました。

午後もポカポカ良い陽気。

年末年始に地震がくるとの噂が流れ、水の確保をする家庭が多いと聞いていましたが、このまま、穏やかに過ぎて欲しいと思っていたところ、本当に地震がありました。

ながく大きく揺れ、被害がでませんようにと夢中で祈ってました。

「治の居て乱を忘れず」

この言葉を、改めて胸に深く刻んだ元旦でした。

«  | HOME |  »

2012-01

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。