Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月議会一般質問

昨年9月議会と12月議会で、小学校の修学旅行の行き先について取り上げました。

9月議会では、日光の地表のセシウム蓄積量の資料と観光場所の放射線量の数値を示しながら、放射能汚染状況を訴えました。

同時に、保護者が不安に思っても口に出せない事情も説明し、「是非、よき判断をしていただけることを切望します。」と申し上げました。

12月議会では、その判断結果を質問しました。

市内23校は、春・秋合わせて、すべて日光に行ったとの答弁。

1.各学校で、最新情報をもとに放射線量を確認し、旅行業者・現地の宿泊先を通して安全確認をおこなった。

2.校長会主催で8月末に下見に行き安全確認をおこなった。

3.保護者説明会で保護者に説明し、一応了解を得た。

以上が、教育委員会が把握している各学校の判断材料だそうです。

修学旅行の行き先を決める権限は、各学校長です。

教育委員会は、9月議会で私が要望したことを、理解してくれていました。

ですので、行き先変更の結果については、受け入れる体制だったはず。

しかし、強制力はない。

そして、例年通り、23校の小学生は、例年より高い放射線量の日光市に行きました。

私自身は、日光の汚染状況を議会で発言した後、「日光に住んでいる子どももいるんだから。」と、何度か言われました。

もちろん、日光の子どもも被曝から守られなければなりません。

では、厚木市の子どもが日光に行けば、被曝から守れるのか・・・反対だと思います。

観光収入の占める割合が大きい日光市へ修学旅行に行くことにより、日光の子どもたちの日常生活の場より、観光地の除染が優先するのではないかとの不安があるからです。

そんな時、日光で子どもを放射線から守る活動をしている方を知りました。

さっそくお目にかかり、日光の実情を知りたいと思い、その方に連絡を取ろうとしました。

中に入って下さった方に、連絡・調整など尽力して頂き、訪問がかなうこととなりました。

現地の状況を聞くと、私の心配していたことが、的中していました。

的中どころか、実際はもっと厳しいものでした。

日光の方々は、線量が高いこと、つまり線量の数値がもつ、本当の意味を知らされていませんでした。

地元の新聞には、安全をアピールする記事しか出ていないとのことです。

そして、修学旅行に視察に来る校長先生に安全をアピールするため、高い放射線量でも、子どもたちに屋外活動を禁止しない事がわかりました。

マスク着用の促しもしないそうです。

その視察を経た上で、2月議会の一般質問通告を次のように提出しています。
(1)子育て施策について
  ア.放射能汚染対策について
      保育所が取り組んでいることは何か。
      小学校が取り組んでいることは何か。
      中学校が取り組んでいることは何か。
      市として取り組んでいることは何か。
(2)福祉施策について
 ア.寝たきりゼロを目指すまちづくりについて
      足こぎ車いすの活用について、市の考えは。

今回登壇する議員は、23人。

私は、3日目の3月2日11時頃から登壇予定です。

場所は、市役所本庁舎5階の本会議室です。

お時間のある方は、是非傍聴にいらして下さい。
スポンサーサイト

手をつないで戦う相手

次男の保育所の生活発表会がありました。

以前、都会の幼稚園の発表会を見たことがあります。

完璧でした。

舞台として完成していました。

園児たちも、きっと達成感があったと思います。

素晴らしい発表会でした。

しかし、私の個人的な好みではありませんでした。

録音された声優さんのセリフや歌と音楽に合わせて、園児たちが動いていました。

園児の肉声でセリフが聞きたいな、音楽は、せっかくピアノがあるんだから、生演奏がいいな。

私の勝手な好みです。

きっと、昭和の感覚の私の好みを、平成に求めてはいけないのだろうと思っていました。

ところが、先日見た次男の保育所の生活発表会は、まさに私好みでした。

先生が弾かれるピアノ演奏に合わせて、園児たちが歌を歌い、セリフを言う。

堂々とした子、緊張で上ずった声の子、照れて小さな声になってしまった子、みんな一生懸命練習したんだろうなということは、確実に伝わりました。

学年ごとの成長の大きさもよく分かり、これが、普段の保育所生活の発表の場、生活発表会だなと思いました。

もちろん、都会的な発表会も、見ごたえがあり、楽しめました。

ですので、あくまでも私の好みの話です。

さて、舞台の子どもたちを見ていて、いろんな思いが、ふつふつと沸き上がりました。

この保育所を選んだ理由。

もちろん市役所に近いというのも、理由のひとつです。

そのほかでは、園庭が広く、子どもたちがのびのび外遊びをしている。

テレビがなく、本や、先生方の手遊び、エプロンシアター、紙芝居など、手作りの遊びが充実している。

給食は、化学調味料を使うことなく、干しシイタケで出汁をとる。

おやつのパンまで手作り。

ハイテクを極力取り入れず、昔ながらの育て方を続ける姿勢は、まさに私の好みです。

守ってきた伝統。素晴らしい方針。

そんな中、子どもたちを取り巻く環境が一変したのは、言うまでもなく3月12日。

原子力発電所の水素爆発が起き、格納容器の中の放射性物質が放出、子どもたちの生活の場にも降り注ぎました。

色も味も匂いもない放射性物質は、呼吸や食事、皮膚からも体内に入り込み、特に成長著しい子どもたちの骨や筋肉が、栄養分と間違えて取り込んでしまいます。

大好きな保育所の子どもたちを守るためにも、放射性物質と戦わなければ。

子どもと関わるすべての大人たちと一緒に・・・。

目の前の子どもたちの笑顔を守るために・・・。

『さくらさくら』と『荒城の月』

昨年、盆踊りに行った時、いつも私を娘のように可愛がって下さるUさんに会いました。

Uさんは、浴衣を素敵に着こなしていらっしゃり、「名切さん、浴衣着ないの?」と聞かれました。

「短大の頃に作った浴衣があるけれど、自分で着られないので、ついつい・・・」というと、「だめよ。盆踊りで、きちんと浴衣を着て、ビシッと踊ったら、ファンが増えるわよ~」と、母のように微笑みながら、アドバイスして下さいました。

そして、『輝き厚木塾』の講座を紹介して下さいました。

『輝き厚木塾』は、厚木市民が講師となり、様々ジャンルの講座を、1クール4カ月、1回500円で開く、市の事業です。

気軽に、そしてリーズナブルに始められます。

Uさんは、『浴衣で日舞 健康づくり』を受講し、『輝き厚木塾』が終わった今でも、同じ先生のところで、お稽古を続けていらっしゃるそうです。

「浴衣の着方から教えて下さるし、とっても優しくて気さくで良い先生よ~」と、母のようなUさんに紹介されて、さっそく講座を受講しました。

今、この日本舞踊にはまっています。

初めて習った曲は、『さくらさくら』

扇子の持ち方、手の添え方、足の運び方まで、とても奥深い。

一つ一つの形に意味があり、言葉の意味から丁寧に教えて頂いています。

実は、この『さくらさくら』で、初舞台も踏んでいます。

2回目のお稽古の時に、「今度、文化会館大ホールで市民発表会があるから、名切さんも出ましょうね。大丈夫よ。」と、優雅な先生に優雅に誘われ、ついつい「はい。」と答えていました。

それからは、いつもマイ扇子を持ち歩き、暇さえあれば、『さくらさくら』の練習。

視察先にも持っていき、ホテルの部屋で、『さくらさくら』。

家では、ご飯を作りながら、『さくらさくら』。

練習の成果が出たかどうかはわかりませんが、なんとか初舞台が終わりました。

『輝き厚木塾』で修了証をもらった今、Uさんと同じく、私も同じ先生のところでお稽古をつけて頂いています。

今、教えて頂いている曲は、『荒城の月』。

日々、ばたばたと過ごしている私ですが、お稽古の時は、ゆっくりな動作に、少しなれてきました。

月に2~3回、優しくて上品な先生と姉弟子さんたちに囲まれて、優雅な時間を過ごしています。

素敵な世界に誘って下さったUさん、ありがとうございます。

研修を受けて下さい。

朝、保育園児の息子を自転車に乗せて出かけようとしたら、ぽつぽつ雨が降ってきたので、慌てて車に乗りかえました。

保育所につくころには、小雨だが、ワイパーが必要なくらいに降り始めていて、車にして良かったなと思いつつ到着。

私の目に飛び込んできたのは、小雨がぱらつく中、外で元気に遊ぶ子どもたちの姿。

雨の日は、放射線量が増える、子どもが雨に濡れたらすぐシャワーで落とす事と、新聞や本に載っています。

今でも、原発事故現場から、1時間に放出されている放射性物質は、6000万ベクレル~7000万ベクレル。

議員クラブの勉強会で、神奈川県は、雨の日に放射線量の数値が上がると、講師は言われていましたし、神奈川県のホームページで数値の公表もしています。

目の前の子どもたちに「お部屋に入ろう」と声をかけたいが、ここでは、一保護者。

そんなことは、許されません。

「僕も外で遊ぶ」と言う息子の手を引いて、職員室へ。

「雨が降っているので、うちの子は外に出さないで下さい」

これくらいは、言ってもいいよねと思いながら、お願いしました。

「風邪気味なんですか~?」との返事。

被曝が心配なことと、うちの子だけでなく、他の子の被曝も心配なことを伝えました。

実は、私が言う前にも、他の保護者が、「雨が降ったりやんだりしている中、外遊びをすると、放射能が心配」と伝えていたそうです。

「子どもも出たがってますし、降ったら部屋に入れますから。」で終わりだったそうです。

私も、少しくらいの雨だったらいいと思います。

原発事故で、放射性物質が、格納容器から飛び出る前でしたら・・・。

3月12日から、確実に私たちの住む世界は、変わってしまっています。

目に見えないだけ。

もう11カ月経つから、関心がうすれているのか、もう11カ月経つから大丈夫だと思っているのか、初めから関心がないのか。

チェルノブイリ事故で、子どもに健康被害が出た親は、雨の中、屋外で活動させたことを、涙を流しながら後悔していると、現地で医療活動の経験がある松本市長 菅谷昭氏から、講演会で聞きました。

先進国日本は、いつでも情報を手にいれることができます。

事故から7カ月で石棺が完成し、放射性物質の放出を抑えたチェルノブイリ事故現場近くより、今なお崩壊した建屋から放出し続ける日本の方が、はるかに汚染が進んでいます。

事故から25年経った旧ソ連では、健康な子どもが2%しかいない地域がある事実。

当時の担当大臣は、日本は私たちの経験から学んでほしいと訴えています。

子どもに関わるすべての職員は、やっぱり研修を受けて欲しい。

子どもを預かる保育士は、命を預かっているのだから。

正しい情報を知って欲しい。

正しく判断して欲しい。

子どもに健康被害が出る前に。

保育所の食材の安全性

先日、厚木市内の保育所の栄養士さんに、お話を伺う機会がありました。

保育所で出される給食・おやつの食材に疑問を持った保護者の申し出で実現したもので、私も同行させて頂いたのです。

なぜ不安か。

保育所の食材は、学校給食のように、市で放射性物質の検査をしたことが一度もなく、献立や産地を見ても、被曝をさける工夫が見られないからです。

特に不安な食材は、まず、毎日のように出るきのこ類。

乾燥椎茸は、3日に1度の割合で出ます。

そして、1歳以上の子どもたちが毎日飲んでいる牛乳は、民間の調査でセシウムが検出されたメーカーのもの。

まず、きのこに対する栄養士さんの答えは、「乾燥椎茸は、高い数値のセシウム検出の報道を受け、大分産のものに変更しており、業者が検査した結果、基準値以下で心配ないもののみ使用している。その他のきのこは、屋内栽培のものに限定している。」とのことでした。

きちんと考えてくれているのだと、その点は、嬉しく思いました。

そこで、基準値とはいくつか。そして、九州産でも、原木が原発事故現場付近のものだと、放射性物質の数値が高い椎茸になるとの報告がされている現状をふまえた上で、原木の産地についての質問がでました。

答えは、「基準値は確認していない。基準値以下で心配ないと言われているので、おそらく国の基準値以下だと思う。原木は、どこのものか確認していない。」とのことでした。

国の基準値は、500ベクレル/kgです。

原木がどこのものでも、放射性物質が含まれていなければ、問題ありません。

しかし、基準値以下との確認のみで、その基準値の数値を知らない状態で、原木の産地が分からないとなると、0歳児の子どもから食べる給食として、安心できるものではありません。

原木については、後ほど確認すると、同席した市の担当課長が約束してくれました。

そして、牛乳については、産地の確認と基準値以下との報告をうけているとのことで、こちらも、基準値とはおそらく国の基準だろうとの答えでした。

産地の確認をしているということは、産地を限定しているかのようですが、公立の立場上、限定していないとのことです。

なんの為の確認なのか。

そして、産地より数値というならわかるが、公立としての立場が、子どもの健康より優先するのかと思う答えに、がく然としました。

国の飲み物の基準値以下は、セシウム200ベクレル/kg以下。

産地は、様々な地域のブレンドで、日によって変わるので、今すべてを即答できないとのことでした。

民間の調査結果では、0ベクレルという牛乳もあるので、そういうものを使えないかとの申し出には、数を確保するルートと価格の問題があるとのことです。

では、毎日牛乳をださなくても、カルシウムは、切り干し大根などで代用できないかと、栄養の専門家ではないが、原発事故後、独学で知識を得た保護者より、具体的な提案が出されました。

しかし、あくまで基準値以下だからと主張されました。

セシウムが入っていたとしても、小さな子どもに飲ませるのか聞くと、そのことを気遣うことも大事だけれども、体を作る栄養をとるため、牛乳はやめられないそうです。

極論かもしれませんが、子どもたちの首に甲状腺がんの手術の後が残り、一生ホルモン剤を飲むことになっても、大きく成長すればいいと聞こえ、しかし、そこまで考えが及ばないのかとの疑問から、栄養士さんに、放射能についての研修状況を聞きました。

特に研修にでかけることなく、自分で調べているとのことでした。

自分で調べるのは、たいてい疑問に思ったことのみです。

様々な側面から疑問をもつようになるまでには、よほど関心が高くなければ、何かのきっかけが必要です。

「子どもに関わるすべての職員が、放射能についての研修を受けて欲しい」との議場での要望が、無視され続けていることを、痛切に感じました。

栄養士さんに研修の機会があれば、このような状況にはなっていません。

大切な子どもたちが、毎日口にする給食やおやつによせる保護者の信頼を裏切らないことは、子育て環境日本一の自治体の基本中の基本です。

勉強会から得たこと

議員クラブの勉強会について、いろいろなコメントを頂きました。

文末に、『言葉の端々から真実を読み取って欲しいとの思いがあったのではないか』と書きました。

私が勝手に感じたことを、述べさせていただきます。

<外部被曝>

県内3ヵ所にあるモニタリングポストは、地上4.9mの場所にある。

原発事故後、「人が生活しているのは地上1メートル付近」との意見を受け、地上1mの測定も合わせて始めた。

雨が降ると数値が上がるが、普段は事故前と同じ数値。→県内では、雨の日に放射線量が上がるので、要注意。(雨にあたらないように、もし雨水でぬれてしまったらすぐシャワーをするように子どもに言い聞かせました)

<内部被曝>

椎茸、ほうれん草、牛肉、豚肉、原乳、あさり、お茶など、県内産の食品のヨウ素131とセシウム134、137の測定をしている。

国の基準が厳しくなったら、出荷が難しいものもでてくるが、現在出荷停止は湯河原のお茶のみ。→安全性の見直しがされた結果の新基準以上のものが、4月1日までは出回る。

相模原市の乾燥椎茸は550ベクレル/㎏と、国の基準値をこえている。県は出荷自粛をお願いしている状況。→現在の基準値を超えているが、あくまでも自粛で、停止ではない。

生椎茸は、石づきをカットして計測し、基準値以下。→石づきをつけたまま計測したら、基準値以下かわからない。(我が家では、必ず石づきをきれいに取り除きます)

食品の測定は、ヨウ素は半減期が短いので、今は問題視されていない。→問題視されていないだけ。

県内でストロンチウム・プルトニウムを計測していないが、計測している福島県の数値を参考に、セシウムとの比率で計算すると、県内のストロンチウム・プルトニウムは極々微量。→ストロンチウムとプルトニウムは、極々微量飛んできている可能性がある。

そこで、セシウムだけが問題とされている。

しかし、人間には代謝機能がある。

セシウムは、半減期が長いが、90日で排出される。→90日に一度セシウムを摂取すると、1年365日、体内にセシウムが留まり、放射線を出し続ける

子どもは代謝が早いので、生涯の被曝量は、大人と変わらない。

放射線は、DNAを分断する。

少しくらいの破壊は、全然心配ない。

破壊が大きいと、がん化する。。。→元々自然界に存在する放射性物質があるのだから、これ以上破壊を大きくしてはならない。


皆さんは、それを心配している

<被ばくと健康について>

日本人は、年間1.5ミリシーベルトの自然放射線量を浴びている。世界平均は、2.4ミリシーベルト。

CT検査、マンモグラフィーなどの医療被曝は、日本人年間合計2.3ミリシーベルト。世界は、0.6ミリシーベルト。

年間被曝量が、100ミリシーベルトを超えた場合の影響が指摘されているが、明らかな証拠はない。→証拠がないので、100ミリシーベルト以下でも影響があるかもしれない。

チェルノブイリでは、ミルクを飲んだ子どもが、数年後、多数、甲状腺がんになった。数百ベクレル以上の放射性ヨウ素を含んだミルクだった。日本の牛乳は、そんなに含まれていない。

原爆被爆者の多い長崎県・広島県は、平均寿命が全国で比較すると長い。→今、高齢の方は、被爆した年齢が高い。

<食品の放射能に関する新基準値>

新基準の数値の紹介。

この中で、乳幼児には配慮しなければならないので、50ベクレルの基準がもうけられたとの説明があった。

<「今日のまとめです」と言われて>

神奈川県内での放射性物質測定は、衛生研究所等で実施している。

現段階で、いずれの測定結果も、健康に直ちに影響する数値ではない。

100ミリシーベルト未満の低い放射線量の被曝を受けた場合、がんになる人が増えるかどうかは、明確ではない。

がんの発生因子は、喫煙・飲酒などの生活習慣も関係がある。

放射線のリスクに向き合い、「不確かさ」を理解することも大事である。

放射性物質の正しい測定結果をもとに、過敏に反応するのではなく、適正に判断し、冷静に行動しなければならない。これにつきる。不安からくるメンタル面が原因の健康被害が、心配。→正しく対応するためには、正しい情報を知らなくてはならない。


神奈川県の現状を知る、貴重な勉強会だったと思います。

«  | HOME |  »

2012-02

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。