Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚木市議会2月定例会最終日

2月議会の主な審議事項は、来年度予算です。

財政厳しい状況は、厚木市も例外ではありません。

一般会計737億8000万円で、平成24年度と比べて1億8000万円の増額となっています。

来年度より、今まで各小中学校で管理していた学校給食費を市で管理することとなりますので、その予算8億5361万1000円も含まれています。

ですので、実質は6億7361万1000円の減額です。

小中学校の図書室の図書購入費は、相変わらず平成22年度から半減となったままです。

また、各小中学校にエアコンを完備する設計費も計上していることから、今回予算案については反対の立場をとりました。

その討論に立ちましたので、内容をご報告します。





議案第27号平成25年度厚木市一般会計予算について、反対の立場から討論いたします。

今回の予算案には、中学校教室冷暖房設備設置事業費が盛り込まれています。

この事業は、平成25年度から26年度の2カ年計画で、中学校13校すべての普通教室、音楽室に冷暖房設備を総額4億4256万3000円で設置し、その後小学校での実施を予定しています。

ここに至るまでの経過は、平成23年度に調査を外部委託し、その報告書をもとに計画が進められてきました。

厚木市内の市立小中学校への冷暖房設備の整備を効果的かつ効率的に推進するために調査し、事業手法、必要経費や想定されるスケジュール等を検討した結果の報告書です。

では、子どもたちの健康への影響は調査したのでしょうか。

医療機器の製造・販売会社テルモの体温研究所の調査では、保育園や幼稚園へ登園後、遊ばずにじっとしている子や集中力に欠け落ち着きがない子、すぐにカーッとなる子が目につくようになり、5歳児の体温を測ると、36℃未満の低体温の子どもと37.5℃近い高体温の子どもが増えていたそうです。

体温調節がうまくできない原因の一つに、冷房の使い過ぎが考えられるということです。

幼少期に冷房の影響を受けて育った現代の子どもたちが、小中学校でも冷房設備の整った環境で過ごす影響を危惧する保護者は多く、本議会でもたびたび議論となってきた経緯があります。

また、アトピー性皮膚炎の治療に力を入れ、多くの実績がある医師の話では、アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚温が低いことから、温熱治療を行っているそうです。

低温の原因は、冷房の影響が大きく、汗腺が発達していないからだと、医学的な見地から分析していらっしゃいました。

人間の体は、夏に汗をかき、腎臓の負担を減らすようにできています。

夏の暑さも子どもにとっての経験であり、自然の摂理の中で育てたい親の視点での意見も取り入れるべきではないでしょうか。

また、中学校348教室の扇風機設置事業は、今年の5月に完了予定です。

その検証結果を確認することなく冷房設備設置を行うことは、計画性の点でも疑問に思うところであります。

光熱水費の増加や地球温暖化対策も考えた上で、子どもにとって今最も必要な事業はなにか、再検証することを強く望むところです。

平成25年度一般会計予算は、高く評価できる事業も多くありますが、冷房設備設置事業は、以上の理由で賛成することが困難であることから、反対とさせていただきます。

最後になりましたが、長年にわたり厚木市発展のためご尽力され、今年度で退職される皆さまには、心から敬意と感謝を表させていただきます。

議場では、激しい議論を重ねたことも多々ありましたが、ともに市民のことを思っての真剣な議論であったということをご理解いただき、折に触れご指導いただきました。

この場をお借りしてお礼申し上げますとともに、今後のご健勝とご多幸をお祈り申し上げまして、討論を終わらせて頂きます。






また、市民より「厚木市立保育所民営化基本計画」(案)の慎重審議を求める陳情がだされました。

一般質問で、2回にわたり取り上げている件です。

この陳情には、会派として賛成しました。

賛成討論と反対討論に一人の議員が両方立つことは、一人会派以外慣例で認められていません。

今回は、会派民主クラブを代表して、古川環議員に立ってもらいました。





民主クラブを代表し、陳情第3号 「厚木市立保育所民営化基本計画」(案)の慎重審議を求める陳情を、賛成の立場から討論いたします。

本陳情は、「民営化ありきではなく、もっと市民の声を聞き、さまざまな角度から慎重な審議をするよう求める陳情」とあります。

保育所民営化について、保育所を利用する当事者の子ども、そしてその保護者から反対の声があっても進めることは、市民の声は何も反映されていないということではないでしょうか。

保育所が集約した意見にも、「あと2カ月で実施計画を作るのであれば、もう内容はほとんど決定しているはずです。それでは、意見を出す意味がないと感じた」とコメントが寄せられています。

検討した結果のひとつ厚木市立保育所在り方等検討委員会に、公立保育所利用者も委員として参加していらっしゃいました。

そのご意見を保護者の意見とするならば、保護者全員の意見をまとめたうえのことであれば、保護者を代表しての意見となります。

実際は、在り方等検討委員会の主目的が民営化であることも知らず、また、この委員会の存在すら知らない保護者が大多数です。

また、説明会についても、第一回目は十分周知されておらず、偶然知って駆け付けた参加者からは、その姿勢に不服の声が多く出ていました。

公立保育所には障害を持ったお子さん、また、障害児加算のないお子さんの受け皿となっています。

民間の認可保育所を見学した方から、障害児加算がないため人手不足となっている現場の様子を伺いました。

児童に対する職員の対応を見て、人手のある公立とは違うとの印象を持ったそうです。

すべての民間の保育所が悪い状況というわけではなく、民間でも余裕を持って保育する園はたくさんあります。

しかし、そうなる保障がないのも事実で、市が手放すことで直面する現実なのです。

保育環境の向上を図ることは必要課題と考えますが、福祉の役割の多い公立は残してほしいとの市民の声を、是非とりいれて頂きたいと考えます。

保育所民営化での経済効果は、130人定員の施設で約7300万円と試算額を示されています。

この予算の一部を小児医療費にあてるとのことで、その理由を年間数千万円の増額となっているためとの説明を受けました。

厚木市では、平成23年7月に小児医療費の対象年齢を小学6年生から中学3年生に引き上げました。

医療費の請求は2カ月遅れで始めることから、その影響は9月から反映されます。

平成23年度の小児医療費の対象年齢は、前半と後半で分かれます。

そのことを加味すると、22年度から23年度と、23年度から24年度にそれぞれ数千万円の増額となるのは当然のことです。

24年度当初予算に補正予算を加えた額は、9億543万円です。

25年度の予算案は8億9078万円となり、減額しての計上となっています。

小児医療費の対象年齢引き上げ事業と、今回の保育所民営化の関係性も、慎重審議する必要があると考えます。

すべての子どもを思いこの陳情に賛成し、討論といたします。

最後に、長年にわたり厚木市の発展のために多大なご尽力をされ、このたび退職される職員の皆さまに、市民の一人と致しまして心から感謝を申し上げます。

今後におきましても、健康に十分留意され、折に触れ、厚木市の発展のためにご支援、ご提言を賜りますことをお願いいたします。






結果は、平成25年度厚木市一般会計予算は、賛成多数で可決しました。

陳情第3号「厚木市立保育所民営化基本計画」(案)の慎重審議を求める陳情は、賛成少数で不採択となりました。

議員に与えられた最高の権利は、議決権です。

反対の事業だけど、議案に賛成しておいて注文をつける。

よく使われる手法ですが、賛成をしてその事業を通せば、いくら条件をだしても同意したことになります。

常に、市民のための事業かを最優先に考え、これからも議員の責任を果たしていきたいと思います。


スポンサーサイト

今度は、千葉産さつまいも<続報3>

昨日、小鮎小学校の給食で出たスィートポテト。

この原材料が、放射能汚染(セシウム137が5.47Bq/㎏)されていることが分かりました。

「分かっていながら子どもに食べさせないで」

中心市街地活性化の先進事例の視察に向かう貸切バスの中で、電話をかけ続けました。(厚木にいれば、現場に乗り込んでいました)

結局、子どもたちに放射能検査でセシウムが検出された事実を伝えて出すということしかできませんでした。

しかし、これは今までの教育委員会では考えられないことです。

ですので、教育委員会にとっては大きな決断をしてくれたことは事実です。

その後どうだったのか、子どもたちの様子を、今日教育委員会に確認しました。

各クラス約3~4人の子どもが食べなかったそうです。

少し食べて、残した子もいたそうです。

全員残さなかったクラスもあったそうです。

校長先生に話しを聞きに学校に出向いた教育委員会の感想は、各家庭の日ごろの取り組みで反応が違うとのことでした。

自分で判断できないと思った子は、「先生はどうしますか?」と尋ねたそうです。

「先生は食べますよ」と答えたそうです。

この話を聞くと、今後先生に放射能に関する授業をしていただくのは、大変心配です。




ところで、もうひとつ悔しい思いをしました。

私が出産1ヶ月後であるにも関わらず、市議会議員に初出馬した理由は、厚木市の学校給食があまりにも酷かったこと。

主菜が、ほぼ毎日レトルト食品、冷凍食品を温めたもの。

保存料や着色料などが、市販品同様ふんだんに使われている給食を、成長期の子どもたちが9年間食べることになります。

PTAとしての声、一般市民としての声はあまりにも小さいと実感しての市議選立候補でした。

当選してからは、「安全安心な手作りの給食を!」と議会で訴え続け、少しずつ変わってきました。

今回のことで、今ではデザートのスィートポテトまで手作りになっていることが分かりました。

当初の目的に近づいた嬉しい嬉しい出来事。

でも、その原材料のサツマイモが放射能汚染されていた。

教育委員会の理解、現場の努力まで台無しとなった原発事故。

せっかく手作りの給食を厚木市の子どもたちに食べてもらえるようになってきたのに。

悔しい。

残すことを希望することになってしまった。

悔しい。悔しい。悔しい。


今度は、千葉産さつまいも〈続報2〉

出来る限り、交渉しました。

「厚木市議会議員有志で、スィートポテトを買い取らせてください。子どもたちには、食いしん坊な議員がみんなのデザートを食べちゃったと説明してくださって結構ですので」と言いましたが、通りませんでした。

何度も何度も、教育委員会、学校に電話で交渉。

教育委員会も、協議を重ねた様子。

結局、12時13分になり、保護者にしらせることは、時間的に無理。

いまできるのは、子どもに知らせることなら。

大好きなスィートポテトを目の前にして、なんて残酷なこと。

私が子どもだったら、きっと苦しいと思う。

噛み合わない議論が続き、でも、それしかできない。

のむしかないと判断。

子どもに知らせることをお願いした。

同時に、心配して電話をしてきた保護者に、食べさせるか判断を仰ぎ、食べさせない方針としたとのこと。

あとは、子どもの判断。

子どもに伝える時、安全、安心、大丈夫との言葉だけは使わないようにと約束してもらった。

傷つく子どもがでないことを祈る。

小鮎小学校に子どもが通う保護者の皆さん。

どうか、電話をしてください。

学校は、食べさせない方針をとってくれます。

ギリギリの判断。

今度は、千葉産さつまいも〈続報〉

昨日、厚木市のホームページで公表された給食食材の放射能検査結果で、千葉県産さつまいもから5.47Bp/kgのセシウム137が検出されたことが分かりました。

気づいたのが夜でしたので、今朝教育委員会に問合せをしました。

小鮎小学校で使用するそうです。

デザートのスィートポテトだそうです。

子どもが大好きなデザート。

残すことは、まずないでしょう。

おかわりする子もいるでしょう。

担当部署とのやり取り。

「出さないですよね」
「基準値以下ですから」
「せめて保護者に知らせてください」
「ホームページで公表しています」
「小鮎小学校の保護者も子どもも自分の小学校だなんて分からないじゃないですか」
「きちんと手続き通りしています」
「保護者に知らせることは、昨年6月議会で陳情が趣旨採択になったじゃないですか」
「教育委員会に出された陳情じゃありませんから」
「議会の判断は無視ですか」
「そうじゃない。趣旨採択はすべてやれとの強制力はない」

以下のやり取りは省略しますが、「検討します」までの約束は取り付けました。

議会では、研究しますは、当面やらない。

検討しますは、責任を持って取り組みます。が慣例となっています。


どうか、どうかと祈る気持ちです。

今度は、千葉産さつまいも

厚木市のホームページです。

http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/education/anzen/d018240.html

翌日使用する食材のうち、市民からリクエストのあった食材を検査しています。

以前は、教育委員会が選んだ食材を測定していました。

まるで、汚染されやすい産地や食品を避けて選んでいるかのようでした。

議会でそのことを指摘すると、市民からリクエストのあった食材のみ測定する方針になりました。

その結果、早速検出されました。

また、子どもたちに食べさせるのでしょうか?

明日、教育委員会に電話をして交渉します。

「きちんと測定結果を公表してるからいいじゃないか」

「気にしてる保護者はほんの一部」

そんな理由で、セシウムを盛った給食を食べさせないで欲しいと交渉します。

安全な被曝はないから。

安心な被曝はないから。

あれから2年

東日本大震災から2年経ちました。

多くの方々のかけがえのない命が、犠牲となりました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

そして、今なお不自由な生活をされている方々に、心からお見舞い申し上げます。

人間は自然には逆らえないと思い知らされる映像が、毎日のように流れました。

あの大津波を思い出すとき、私は一枚の写真が目に浮かびます。

宮古市の昆愛海ちゃんが、津波で行方不明となっているお母さんに手紙を書きかけて眠っている写真。

大学ノートに書かれた手紙には、丁寧なはっきりした字で

「ままへ

いきてるといいね

おげんきですか」

当時4歳の愛海ちゃんは、覚えたてのひらがなを1文字1文字丁寧に、途中分からない字を調べながらここまで書いて、伏して眠ってしまったそうです。

天使の様な寝顔に、どうかこれからの人生楽しいことがたくさんありますようにと心から願いました。

目の前で家族が流されていく。

友達が流されていく。

近所の人が流されていく。

大きな爪痕を残した大震災。

未来ある子どもたちに何ができるんだろうと、だれもが考えたことでしょう。




そして、原発事故が起こりました。

安全な原発などないことが分かりました。

故郷を追われた多くの方々。

故郷を追われたのは、高い基準を作った国のせいだという政治家がいる。

早く帰せという政治家がいる。

放射能汚染された食べ物を、積極的に食べようという政治家がいる。

子どもにも食べさせようという政治家がいる。

原発事故近くのがれきを受け入れて、助け合いだという政治家がいる。

その行為を絆だと言い、酔いしれている。

風評被害から守ろうと、正義の味方の様に胸を張っている。




世の中が、思いがけない方向に進んでいくことに焦りと恐怖を覚えながら、懸命に声を上げ続けた2年間でした。




あの震災に、私たちは何を学んだのだろう。

あの震災に、私たちは何を学ばなければならなかったんだろう。


2月定例会 一般質問 登壇

平成22年12月24日より施行されている「厚木市自治基本条例」

他の自治体にない厚木市独自の特徴は、第8条で「子どもの権利、責務等」を定めたこと。


第8条 子ども(18歳未満の市民をいう。以下同じ。)は、市民の権利を有するとともに、次代の社会の担い手として健やかに成長できるよう、次に掲げる権利を有する。
(1) 生きる権利
(2) 育つ権利
(3) 守られる権利
2 子どもは、その年齢に応じた市民の責務を負う。
3 市民、議会及び市長等は、子どもの成長過程における保護及び支援の必要性を認識し、子どもが健やかに育つ環境の整備に努めなければならない。



厚木市の最も尊重すべき条例と位置付けられています。

条例を作って終わりとなっていないか、確認しながら政策をすすめる重要性を強く感じながら質問しました。

登壇でのやりとりは次の通りです。



名切文梨
民主クラブの名切文梨です。

議長のお許しを頂きましたので、通告に従い質問させて頂きます。



<厚木市立保育所民営化計画について>

はじめに、厚木市立保育所民営化基本計画についてお伺いします。

公立保育所に子どもを通わせている保護者にとって、突然示された厚木市立保育所民営化基本計画案。

説明会に駆け付けた保護者からは、「納得がいかない」との多くの声が聞かれました。

「平成20年7月の外部評価委員会で公立保育所運営について見直しとなり、その後議論を重ねた」と経緯を説明されましたが、翌21年度から一人も正規職員の保育士を採用していない状況をみると、議論を行う前に、民営化への前準備が水面下で着々と進められてきた感は否めません。

そして、民営化による財政効果額は、最も定員数の多い施設で1か所当たり7300万円とのことですが、この予算は、在宅保育等をされる方への支援など、子育てに回すとの説明がされました。

しかし、5回開催された説明会を進めるうちに、詳細な説明を求められると、例えば在宅保育をされている方が利用されるもみじの手の予算や、小児医療費助成などにあてると説明されました。

説明会の資料に、今後も少子化が進むと明記している以上、一般的には医療費の増加は考えにくいのではないでしょうか。

そして、既存の事業にあてる以外の具体策は示されませんでしたが、では、既存の事業に充てられていた予算が、子育てに関すること以外に使われれば、ただの予算の付け替えであり、保護者から「話が違うではないか」と思われかねません。

そのようなことがないよう、説明会で示したことはしっかり守る具体的な方針を示すことも重要と考えます。

また、「保護者には知りうる情報を早く出してほしい」との声も多くだされました。

『公共施設最適化検討委員会提言書』の移転施設に、厚木保育所も入っています。

大半の保育士が入れ変わる民営化で、子どもの環境が変わることを保護者が心配していると分かっていながら、保育所の移転を今後議論する事実をつたえない行為は、保護者との話し合いを今後進める上で、たがいに信頼し合えるための最低限の誠意を欠いてしまったのではないかと危惧しております。

今後の課題も含めて、市のお考えをお伺いします。



<給食費の公会計化>

次に、来年度から始まる給食費の公会計化についてお伺いします。

この事業で教職員の手間が省け、子どもと向き合う時間が増える点は、大きなメリットと考えます。

しかし、公会計化することにより、給食の提供回数を学年を区切り市内統一としたため、現場からは戸惑いの声が上がっていると伺いました。

現在は、各学校が状況にあわせて柔軟に提供回数の変更ができることにより、校外学習の予定を自由に組むことができていますが、あらかじめ統一の回数が定められると、お弁当を持参する校外活動の回数や行き先を制限せざるを得ない状況となるそうです。

それぞれの学校での特色ある校外活動の弊害とならないか、今回の事業が児童・生徒に与える影響をお伺いします。



<厚木市立病院 小児科病棟について>

次に、厚木市立病院小児科病棟の多忙化についてお伺いします。

看護師の仕事は、時間的にも体力的にも厳しく、募集をしてもなかなか応募がない傾向にあるため、看護師不足がまた労働環境の悪化に拍車をかけるといわれています。

特に小児科病棟は、食事や排せつの手助けが必要な乳幼児が入院しています。

厚木市立病院小児科病棟は、74.5%が5歳以下の乳幼児となります。

完全看護を基本としている厚木市立病院の現状はいかがでしょうか。

課題はないかお伺いします。



以上、質問をまとめます。

保育行政について
 ア.厚木市立保育所民営化計画について
  (ア)これまでの経緯は。
  (イ)通所児童にとってのメリットとデメリットの対応策は。
  (ウ) 課題は。
教育行政について
 ア.給食費の公会計化について
  (ア)児童・生徒にとってのメリットとデメリットは。
厚木市立病院について
 ア.小児科病棟における看護師の多忙化について
  (ア)入院中の子どもに対する看護に課題はないか。

ご答弁をよろしくお願いいたします。



市長
ただいま名切文梨議員より、保育行政について、厚木市立保育所民営化計画について、これまでの経緯はとのお尋ねでございますが、厚木市委託化等推進に関する基本指針などをもとに庁内職員からなるプロジェクトチームや研究会を設置し、今後の公立保育所の在り方について、検討を重ねてまいりました。

さらに、幅広い視点から検討するため、学識経験者や保育関連団体、保護者の代表からなる「厚木市立保育所在り方等検討委員会」を設置し、議論を重ね、平成24年7月に報告を頂きました。

この報告書を踏まえ、厚木市立保育所民営化基本計画(案)を策定したものでございます。

メリットといたしましては、保育サービスの拡大により新たな幼児教育が受けられることなどであると考えております。

なお、民営化の実施により、新たな事業者の運営となることから、入所児童や保護者に負担のかからないよう十分配慮した合同保育を実施してまいりたいと考えております。



教育長
教育行政について、給食費の公会計化について、児童・生徒にとってのメリットとデメリットはとのお尋ねでございますが、公会計化につきましては、本市の会計ルールに基づく管理・運営を行うことにより、給食費の納付に関わる安全性及び利便性の向上が図られます。

また、教職員の児童・生徒に向き合う時間が増え、教育環境の充実が図られるものでございます。



病院事業管理者
厚木市立病院について、小児科病棟における看護師の多忙化について、入院中の子どもに対する看護に課題はないかとのお尋ねでございますが、看護業務につきましては、医療の高度化・多様化とともにその質を維持するために、業務は多忙となっております。

当院においては、一般病棟は7対1の看護体制、小児科病棟はその1.5倍程度の看護師や保育士を配置しております。

また、患者の食事の介助や移動など、看護師でなくてもできる業務については、看護補助者を配置し、看護師の負担軽減を図っております。

小児科病棟につきましては、緊急入院が大半を占め、患者は乳幼児が多く、保護者も急激な環境の変化に戸惑うことが多いため、患者及び保護者をともにサポートしていくことが重要と考えております。




以上が登壇でのやりとりです。

このあとの一問一答のやりとりで、あらゆる課題が浮き彫りとなりました。

後日、ご報告します。


«  | HOME |  »

2013-03

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。