Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が子の成長と「もったいない!」

次男の幼稚園は創立記念日で休みですが、休日保育で預けることができます。

休日保育は送迎バスが出ないので、今朝送ってきました。

園庭で遊ぶ子どもの姿が見えた途端、繋いでいた手を離す次男。

この時がきたかぁ~。

必ず通る道だと分かっていますが、やっぱり寂しい。



さて、あつぎ環境市民の会主催ドキュメンタリー映画「もったいない!」の上映会まで、あと2週間となりました。

今日のタウンニュースに、紹介記事を載せて頂いています。

まだお席に余裕がありますので、是非いらしてください。


日 時:3月14日(金)18時開場/18時半上映

場 所:厚木市文化会館小ホール

前売所:厚木市文化会館、有隣堂厚木店、オーガニックカフェ晴れ屋(今回は、七沢にあるカフェ・ジャルダンにも、前売りの御協力をしていただいています。)

前売券/1000円
当日券/1300円
中学生以下/500円(前売り・当日とも)


タウンニュース



スポンサーサイト

幼稚園の給食は、今後食べさせます。

一年前から通い始めた幼稚園では、次男に給食を食べさせていません。

業者が作る給食の食材に不安があったからです。

給食試食会の時に、原発事故後の放射能汚染を心配する質問に対して、栄養士さんが「すべての食材を検査しています」と答えました。

その後、個別に話を伺うと、外部の検査機関に依頼することもあるけれど、それ以外は線量計で測っているとのことでした。

また、「国産の野菜といっても、ほとんど千葉県産ですから大丈夫です」と言われました。

後日、放射能検査の内容を資料で頂きましたが、線量計で測ったシーベルト表示の検査結果や外部検査機関の『検出下限値25ベクレル/kgでの不検出』は、とても安心できるものではありませんでした。

幼稚園側とは何度かやり取りをしましたが、なかなか話が進まず、今日、業者の担当者との話し合いの場をもって頂きました。



まず、川根眞也先生が厚木市で講演してくださったときの資料から、1日10ベクレル/kgの食事を続けた場合の体内残存量のグラフを見て頂きました。

セシウム 摂取



同じく川根先生からの資料で、子どもたちが被ばくの影響を受けやすいことが分かる表も見て頂きました。

体重別



チェルノブイリ原発事故から27年経ったウクライナの子どもたちの症状などの資料も見て頂き、今の日本の基準がいかに高いかをお話させて頂きました。

また、汚染地図を示し、千葉県も原発事故現場に近い所よりも汚染が高い地域があり、距離では判断できないこと等もお話させて頂きました。

担当者さんの話では、今まで基準値以上と発表された食材は使用していないこと、産地に不安がある時は外部検査機関にだしていること、それ以外の食材はすべて刻んで保冷バックの中にいれて線量計で測定しているとお話頂きました。

大変失礼とは思いましたが、線量計で食材の測定は難しいことと、検出下限値25ベクレル/kgより低い数値まで出すことは可能で、市民測定所ではもっと低い数値まで出し、スペクトルで判断していることもお話させて頂きました。

業者の担当者さんはきちんと耳を傾けて下さり、「今まで国の情報を調べ、その数値が安全だと思っていた。検査機関にもっと下限値を低くだすことをお願いしてみる」と言われました。

また、今後は更に気をつけていくよう、今日の話を現場のすべての職員に話し、思いを同じにしていくと言ってくださいました。

そして、子どもたちの何十年後にも責任が持てる給食を作っていく気持ちですとのお言葉も頂きました。

現在の産地一覧表を拝見すると、これまでもご努力頂いていることがよく分かりました。

最後に、今後気にかけて頂きたい産地や食材を具体的にお願いし、私は、次男に給食を食べさせることにしました。

これは、業者の姿勢を信頼し、母親として判断した結果です。



謝恩会の練習と、残念なお知らせ

初めての選挙の一か月前に生まれた次男。

待機児童を経て1歳10ヶ月で保育園に入るまでは、おんぶしたり、クーハンに寝かせて連れて行ったり、友人やヘルパーさんにお願いしたりしながら議員活動をしていました。

そんな次男も、もうすぐ小学生です。

連れ歩いていた頃を知っている方からは、「もうそんなに大きくなったの?」と驚かれます。

年長になってから、こども園となり遅くまで預かってもらえる幼稚園に通っていますが、その幼稚園のお母さんたちのエネルギーが素晴らしい。

幼稚園を愛し、園児が喜ぶためならなんの迷いもなく協力します。(役員が決まるのも早いです)

行事のたびに、お母さんサークルの皆さんは、お芝居をしたり、踊ったり、歌ったりと大活躍します。

そんなノリが大好きで私もできるだけ参加していますが、なんせ歳が違いすぎます。

たとえば、夏に園児は市営プールに行きますが、規則で大人の人数が必要です。

先生方だけでは間に合わないので、ここでお母さんたちの出番となります。

私も、若い先生やお母さんたちと一緒に水着になりました。

かなり勇気がいりましたが、頑張りました。

そして、今は謝恩会に向けて練習を重ねています。

今日も練習日でした。

本番前の練習はあと1回あるのみですので、ワイワイ話しながらも真剣に覚えてきました。

歌いながら、踊りながら、小道具を振りながらと、若いお母さんたちの機敏な動きについていくのがやっとでしたが、今日も頑張りました。



今は議会開会中ですので、議会準備も頑張らねばなりません。

練習後、一般質問の準備のため市役所に行くと、残念なお知らせを受けとりました。

昨年3月、厚木市文化会館内のレストランが約6年ぶりに民間業者でオープンしましたが、今月いっぱいで営業休止するとのことです。

早く次の業者が決まるといいのですが・・・。



2月定例会一般質問通告

3月3日から始まる一般質問では、23人の議員が登壇します。

割り振り表の通り、3月3日に8人、4日に8人、5日に7人が登壇することが、今朝の議会運営委員会で決まりました。

私は20番目に通告書を出したので、5日の午後1時からになる予定です。

内容は、

(1)危機管理について
  ア.雪対策について
   (ア)今年2月の大雪で新たに発生した課題と想定し得る問題点は。
   (イ)対応策は。
(2)まちづくりについて
  ア.公園等の騒音について
   (ア)現状と課題は。
(3)子ども施策について
  ア.未熟児訪問指導について
   (ア)現状と課題は。
(4)健康施策について
  ア.食事指導について
   (ア)栄養士の人数をふやす必要性について市の考えは。

以上です。

お時間のある方は、是非傍聴にいらしてください。

場所は、厚木市役所本庁舎5階です。


建設中のアミューあつぎを視察

本会議、議会の在り方検討協議会の終了後、4月26日にグランドオープンするアミューあつぎに行ってきました。

まず、入り口でヘルメットとマスクを装着してから入りました。

9階は、映画館。

大スクリーンと小スクリーン、そしてホールがあります。

ロビーは、ゆったりしたスペースをとってあり、中央からは、下のフロアで遊ぶ子どもたちの様子を眺められるようになっています。

アミューあつぎ6



8階は、キッズフロア。

夢の広がる空間になっていました。

アミューあつぎ3

アミューあつぎ4



7階は、音楽・ダンススタジオ中心のフロア。

この時、全フロアでの非常装置の作動確認がありました。

緊急時には、耳の不自由な方も気づくように、非常口の下のランプが点滅するようになっています。

アミューあつぎ



6階は、多目的フロア。

クッキングスタジオは、このフロアにあります。

オープンラウンジ側からは、ガラス越しに中の様子が見られます。

あつぎアミューあつぎ



そして、そのオープンラウンジは、もともと学習スペースを想定していたところですので、勉強ができるスペースになると思います。

アミューあつぎ7



5階は、文化活動中心のフロア。

アートギャラリーは、このフロアにあります。

アミューあつぎ8



和室もこのフロアにあります。

四室のうち一室は、畳ではなくコルクタイルを敷いています。

様々な用途を考えてのことだそうです。



4階から下は、ショッピングフロアとなり、各テナントが入ります。

みんなのトイレ(多目的トイレ)や授乳室を設置しているフロアもあります。

アミューあつぎ5



入り口は、地下1階から1階にかけて吹き抜けになっていて、明るい光が差し込んでいました。

アミューあつぎ10



所々に創意工夫のあとが見られ、担当された職員さんはじめ、設計や建設などに携わってこられた皆様のご苦労がよく分かりました。

今まで、書類での説明を受けていましたが、行ってみると細かな気配りに気づきます。

まさに、百聞は一見にしかずです。



厚木市議会2月定例会が始まりました。

2月定例会では、市長の次年度の施政方針演説があります。

平成25年度までは、放射能汚染対策についての施策が入っていましたが、今年は抜けていました。

施政方針についての質問を本会議場ではできませんので、休憩時間に担当部長に確認すると、引き続き取り組んでいくとのことです。

ただ、空間線量の測定は、月1回から年4回に回数を減らすそうです。

給食食材については、これまでと変わらず行うそうです。

空間線量測定は年4回でも構わないが、土壌測定を更にするよう要望しました。

施政方針

«  | HOME |  »

2014-02

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。