Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界が食べられなくなる日

環境に関する幅広い活動を続ける市民団体『厚木環境市民の会』との出会いは、『未来の食卓』の上映会でした。

すべての学校給食を自然の味にしようとチャレンジするフランスの小さな村のドキュメンタリー映画で、私が目指す理想の形がそこにありました。

このような映画を上映する団体があるのかと感動し、すぐに入会しました。

東京電力原発事故がきっかけとなり、原発と被ばくの恐ろしさに気づいてからした「チェルノブイリ・ハート」の上映と「小出裕章先生の講演会」の提案には、快く賛同して頂き、会の主催で大盛況で開催してきました。

今度は、遺伝子組み換えの危険性を訴え、食の安全が脅かされていることに警鐘をならす映画『世界が食べられなくなる日』を上映することが決まりました。

11月8日(金)厚木文化会館です。

実行委員会に入り、今日第一回会合に出席しました。

食を自ら選ぶことが難しい子どもたちから安全を奪ってはならないと、改めて認識する映画です。

是非いらしてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。