Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会運営委員会 所管事項調査

議会運営委員会としての所管事項調査で、旭川市議会に来ています。

内容は、議会改革の取り組みについて。



まず、議会基本条例について
平成21年10月に検討委員会を立ち上げ、1年かけて策定。

議会基本条例は、議会改革をしてから制定するケースと制定してから改革に取り組むケースがありますが、旭川市議会さんは後者だそうで、条例制定がきっかけとなり改革が進んだそうです。

最も先進的なところは、条例を作りっぱなしにせず、条例にそって議会運営しているか、自己評価と外部の検証を2年毎に行っているところです。

他の自治体でもあまり例のない点だそうです。



そして、市民と議会の意見交換会について
今年で3年目となるそうで、試行錯誤しながら進めている様子をざっくばらんにお話頂きました。

今年は、それぞれの会場毎に具体的なテーマを決めて開催するそうです。

その中で、例えば子育てに関するテーマの時は、託児のある公的施設で開催するなどの工夫もされるそうです。



議員定数と議員報酬について
一般公募も含む8人で構成する『旭川市議会議員定数及び議員報酬に関する検討懇談会』を議長が依頼するかたちで作り、会議を重ねて協議し報告書を作成しています。

協議の際の資料として、議員が議員自らのアンケートを作り、全員分をまとめて提出しています。

定数と報酬についての考え方や意見等こと細かい内容。

また、議員活動の実態調査も自己申告の形で全員出し、まとめて提出しています。

とても先進的な取り組みだと思いました。



全国の議会で工夫を重ね議会改革に取り組んでいますが、それぞれに特徴があります。

同じ議員という立場ですので、抱えている課題も共通点が多く、本音での質疑応答が続き、時間を大きく超過してしまいました。

とても勉強になりました。

今後に生かしていきたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。