Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月定例会一般質問

IMG_6887_convert_20080729120528縮小

一般質問の登壇原稿は、以下の通りです。

通告に従いまして、質問をさせて頂きます。
始めに、市政一般についてお伺いします。
<戸籍の附票>
本市では、平成13年3月3日の戸籍および住民登録の電子化への移行により、保存期間である5年を経過してから、戸籍の附票に電子化前の住民票の移動経歴が記載されたものが、交付されなくなりました。
電子化前に印鑑証明書付きで契約した土地・建物、自動車などを持った方が住所を転々とした場合、平成18年3月以降、所有者の本人確認が困難になりました。私は、今年2月の定例会で、電子化前の記録が記載された附票の交付により、市民の大切な土地や自動車など財産の保全ができると、強く訴えさせて頂きました。
先日、ある自治体で、危惧していた事が起こりました。戸籍の附票の不交付証明書を使い、盗難車が廃車されてしまいました。車の所有者は、本人確認ができないため、盗難届けを出すこともできません。泣き寝入りするしかないのです。
交付は、首長の裁量に任されています。市長のお考えを、再度お伺いします。
また、2月定例会で「保存期間を満了しているけれども、当分の間は保存していきたい。」と、前市民健康部長は答弁されましたが、直後の海老名市からの問い合わせに、「概ね10年保存」と答えられたと聞いております。
電子化後も、移動がある都度、記録を記載しているので、電子化前のみ廃棄するのは、大変な労力を要します。電子化により保存量も拡大しており、廃棄する必要性は考えられません。お考えをお聞かせ下さい。
<住宅用火災警報器>
次に、防災対策についてお伺いします。
平成18年6月1日から、厚木市火災予防条例により、住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。既存の住宅については、5年の準備期間がありますので、平成23年5月までに設置する事になっています。
住宅火災の犠牲者の6割以上が、逃げ遅れとのデータがあります。
先週の綾瀬市のグループホームの火災では、3人の方がお亡くなりになり、男性一人が重傷を負われたそうです。
このホームには自動火災報知設備がなく、施設側は「防火設備を取り付けていれば」と言い、謝罪をしています。
1秒でも早く火災を認知する事の重要性と、火災警報器の必要性を感じずにはいられません。
条例による設置場所は、寝室と、寝室が2階にある場合は階段、その他3階建ての場合、居室が5以上ある場合など、細かい規定があり、合わせて複数個付ける家庭が多いかと思います。
そこで、問題が2つ発生すると思われます。
1つは、費用の問題です。
1個5千円から1万円位する警報機を複数個つけると、大きな家計の負担となる家庭もあるはずです。
2つめの問題は、悪質な訪問販売が横行することです。
高額な商品を売りつける、「設置しないと法律違反だ」と言って恐怖心を煽り過剰な数を売る、法外な取り付け費用を請求するなど、すでに発生しており、今後更に増加する事が予想されます。
本市では、課題や対策など、どのようにお考えかお伺いします。
<学校給食>
続きまして教育行政についてお伺いします。
まず学校給食についてですが、昨年12月の定例会で、レトルト食品中心の献立を手作りに変えられないかお伺いしました。
また、使用している食品添加物の害についても、指摘をさせて頂きました。
部長より、「手作りの方向へ研究していきたい」とのご答弁を頂きましたが、その研究の経過をお伺いします。
また、中学校給食が始まり1年が経ちましたが、量が少ないとの声を伺うことがあります。残渣についてお伺いします。
<携帯電話のマナー教育>
携帯電話は急速に普及し、今や契約台数は1億台を超えました。
インターネットやメールによるいじめ、出会い系サイトなどの有害情報の氾濫により、子どもたちは深く傷付き、時には大切な命を落とすようなことも起こっています。
18歳未満の子どもを有害情報から守る『インターネット規制法案』が、先週衆議院で、全会一致で通過したことからも、子どもたちへの影響の深刻ぶりを伺い知ることができます。
昨年より、全国学力・学習状況調査が行われておりますが、生活状況を調査する質問紙の各回答率を、全国の回答率と比較した結果出た厚木市の児童生徒の特徴は、携帯電話やメールの利用が多い事です。
教育委員会では、今後の課題として「年齢に応じた使用法や情報モラル等の指導は、学校においても重要なものとなっている」とされていますが、具体的な取り組みなどされていましたら、お聞かせ下さい。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。