Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性議員ネットワークと青年委員会

年の瀬が迫り慌ただしい日が続いていますが、先日二日続けて永田町に行きました。

まず、民主党神奈川県連女性議員ネットワーク(かな女)で、子宮頸がん予防ワクチンに関する要望書を提出するため、曽我部神奈川県議、山口神奈川県議、早稲田神奈川県議とともに厚生労働省へ行ってまいりました。

子宮頸がん予防については、厚木市議会平成22年6月定例会、平成23年2月定例会12月定例会、平成25年6月定例会と4回にわたり一般質問で質してきました。

初めて取り上げた平成22年当時はまだ助成が始まる前のことで、無料で受けさせられるよう助成すべきとの意見が主流の頃でしたが、私は一貫して、検診の重要性と、子宮頸がんの特徴とワクチンの影響を理解したうえで接種し、決して無料だから接種することのないよう十分な説明を徹底するよう要望し続けました。

ですので、今回も厚労省に対して「ブームに流されてワクチン接種をし、ブームに流されてワクチン接種を控える背景には、国が無料にしたから安全、国が中止にするから危険と判断する傾向がある。その事を踏まえて、それぞれが判断できるよう、子宮頸がんの特徴、ワクチンの影響の正しい情報提供を徹底するよう」口頭で申し添えました。

また、医師によりワクチンへの認識に大きな違いがあることにも国民の判断を鈍らせる原因があることを、実例を示しながらお話してきました。

そして、検診率向上には婦人科への敷居を低くする必要があり、欧米のように初潮を迎えたら婦人科のかかりつけ医を持ち、少女が婦人科にいることが当たり前となるよう国として働きかけることも要望してきました。

厚労省




次の日は、民主党南関東ブロック青年委員会フォーラムに参加しました。

米村平塚市議よりお誘いの電話を頂いた時、「青年委員会に私も入るの?」と聞くと、「ギリ大丈夫です。」と言われました。

資料を見ると概ね45歳以下ということで、概ねにギリ入っているようです。

衆議院第一議員会館まで行ってまいりました。

1.民主党本部青年委員会委員長の津村啓介衆議院議員より「民主党における地方議員のあり方」について。

青年委員会2


2.民主党本部青年委員会副委員長の中谷一馬神奈川県議会議員より「ICTを活用した次世代政策とインターネットを活用した選挙戦略」について。

青年委員会3


そして、それぞれの地域での取り組みについて意見交換しました。

青年委員会4


青年委員会ですので、若々しく肩を組んでの写真撮影。

青年委員会5


政策の話から選挙についてまで、身近な話が多く、今後の活動に役立つことばかりでした。

大変有意義な時間でした。

来年もギリお声がかかったら是非参加したいです。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。