Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像力と絵本の読み聞かせ

先日、次男の幼稚園で参加者募集をしていた講演会『乳幼児期のコミュニケーション発達~ことば・想像力が生まれる歩み』(講師:湘北短期大学准教授 岡本依子氏)に行ってまいりました。

講師の先生が特に強調されたのは、生きる上で想像力が如何に大切かということです。

人が新しい世界に飛び込むときに必要なものは、想像力だそうです。

苦境にたった時に救ってくれるのも、想像力だそうです。

成績優秀でコミュニケーション能力も高い子どもを調べると、決して知能指数が高いわけではないが想像力が豊かであるという共通点があるそうです。

大変有意義な講演会でした。



その次の日は、小学校での絵本のボランティアに行きました。

高校1年生の長男が小学校1年生の時に始めた活動ですので、丸10年続いています。

この日入ったクラスは3年生。

中学年なので少し難しい本にしようか迷いましたが、前回2年生のクラスで読んだ時に、子どもたちが絵本の世界に引き込まれてワクワクしながら聞いている様子が伝わり、先生まで目を輝かせながら乗り出して聞いてくださった『100かいだてのいえ』と、もう一冊は『へんしんレストラン』にしました。

絵本

次のページに移るまで、ワクワクしながら想像を膨らませる子どもたちの表情を見て、この2冊にして良かったと思いました。



いろいろなクラスがありますので、毎回反応が違います。

中には、ちょっと集中力のないクラスもあります。

そういう時は、いつもより意識してゆっくり思いを込めて読み進めると、お喋りしてた子がだんだんお話の世界に引き込まれ、ずっと顔を伏せていた子が頭を上げて聞き入ってくれます。

子どもたちは、みんな絵本が大好き。

そこを引き出すお手伝いができる今の活動に、やり甲斐と喜びをもらっています。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。