Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚木市議会第2回会議 一般質問

一昨日で、3日間続いた一般質問が終わりました。

私は、3日目の午後に登壇して質問しました。

今回は、いつも傍聴に来てくれる主人が来られませんでしたが、かわりに午前授業が始まっている長男が来てくれました。社会勉強の一環です。

1_20150313144559d64.jpg

高齢者施策については、常設サロンの設置について提案しました。

前回の一般質問(平成24年9月)で提案した際は、「年120万円の支出が難しい」との理由で後ろ向きな返事でしたが、今回は、希望の持てる返事でした。




子ども施策については、子育て世帯の家事育児のサポート事業について。

・子育てヘルパー事業(平成18年度~24年度)
第3子以降のみ、1歳になるまで、月5回以内
1日4時間まで、無料

・ほっとタイムサポーター事業(平成25年度~)
第1子から、生後3カ月まで、総時間20時間以内
1日2時間まで、1800円

こども議会で、
「お母さんが助かると言っていたヘルパー事業が、利用時間と期間が短くなり、費用負担増えた。子どもがたくさんいる家庭のことを考えてほしかった」
と、こども議員の中学生が質問していました。

再質問では、
「日本一長い滑り台を作り市外の人を呼ぶこともいいですが、住んでいる人を大切にするために予算を作ってほしい」
と、訴えていました。

その続きを受ける形での質問をし、利用者数が激減していることが分かりましたので、今後の見直しを要望しました。




保育所待機児童問題についても質問しました。

入所優先順位の公平性についてです。

国の通達により、育児休業明けとそうでない場合の優先順位に差があります。

現実は、育児休業制度が整っている仕事ばかりではありません。

例えば、専門性の高い仕事は、フリーという働き方があります。

育児休業を使いたくても使えない事情もあります。

そのような事情を汲まず、育児休業をとった方の優先度をあげよとの国の方針。

厚木市では、「その他市町村での裁量」との項目を使い、公平性に配慮するとの返事をいただきました。




教育行政については、市長が掲げる「いじめゼロ」とのスローガンは、担任の先生や学校が問題を抱え込んでしまう危険性について触れました。

前の日の一般質問で、他の議員が「不登校ゼロ」も掲げてほしいと要望していたので、不登校には様々な事情があることも説明しました。

教育に関する「~~ゼロ」は、教育現場が共有して認識する問題であり、選挙時に市長が大々的にゼロと掲げることに疑問を持ちますし、現場に与える影響について心配もしていますので、あえて取り上げました。

首長の選挙時の公約は、達成率の外部評価を受ける機会があります。

そのためのいじめの実態調査を各学校にし、教育委員会がいじめをトラブルと認識した場合の影響を危惧しているからです。

そのことによって傷つくのは、いじめに悩む子どもたちです。

一生心に深い傷を残すことになります。

これ以上、子どもたちの心が傷つけられることは避けたいとの思いを込め、祈るような気持ちで質問しました。




選挙については、多事記載など無効票を減らす取り組みをするよう要望しました。

開票立ち合いをしていて、候補者を応援する気持ちが強いがために無効となってしまう票が、目につくからです。

投票用紙には、名前のみ。

名前の他に、候補者が掲げる政策や「頑張れ」等励ましの言葉、ハートマークや丸印が記載してあると「多事記載」として無効票になってしまいます。

今後、事例などを示しながら広報し、投票所にも貼り紙をするとの返事をもらいました。




詳しくは、インターネット録画配信で確認していただけます。

再来週くらいから、こちらで配信予定です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。