Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給食調理場完成式典

厚木市の給食調理場は、もともと、各小学校に併設した単独調理場か、また、近隣の数校での共同調理場でした。
昭和49年に、北部学校給食センターが、昭和55年に、南部学校給食センターが開設し、単独調理場が次々と閉鎖し、取り壊されました。
昭和62年に最後の単独調理場、依知南小学校の調理場が閉鎖となり、2つの学校給食センターが、23校すべての小学校の給食を作っていました。
ところが、平成8年に起きた、腸管出血性大腸菌O157による食中毒事故が、大きな問題となりました。
国から衛生管理基準が示され、その中の「調理から2時間以内の喫食」が、センターでは難しいということもあり、方針転換し、単独調理場の建設・開設が、順次進んでいます。

現在15校の小学校に、給食調理場があります。

15校めの鳶尾小学校の給食調理場は、昨年10月に完成し、今年1月12日から、給食調理が始まりました。

一昨日、『給食調理場完成を祝う会』があり、来賓として出席させていただきました。
式典には、5・6年生が緊張した面持ちで参加し、厳粛な雰囲気の中、行われました。

その後、教室で児童のみなさんと一緒に給食をいただきました。

私が案内されたのは、6年2組。
4人の班に入れていただきました。
いきなり「年収いくらですか」と聞かれ、どっきり。
「世の中お金ですから。」の言葉にびっくり。
将来の夢をきくと、「カメラマン」だそうです。
まわりのお友達から、「お金に関係ないじゃん。」とつっこまれ、「それとこれは別」との言葉に、ほっとしました。
隣に座った女の子の将来の夢は、おしゃれが好きなので、ファッションデザイナーになりたいそうです。
「素敵なお洋服は、人を幸せな気持ちにしてくれる。素晴らしいお仕事だと思うので、頑張って夢をかなえてね。」と言うと、笑顔でうなづいてくれました。

みなさんとお話しながらの食事は、とても楽しかったです。
6年2組は、みんな伸び伸びして、素敵なクラスでした。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。