Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新議長・副議長

8月10日『臨時議会』がありました。

年4回の定例会(2月、6月、9月、12月)のほかに開く議会が、臨時会(臨時議会)です。

毎年、この時期の臨時会では、議長・副議長を決める選挙がおこなわれます。

今回のような改選の年には、8月1日から臨時会まで議長と副議長は不在になります。

その間の議長・副議長職は、代理として前議長・前副議長が務めます。

あゆまつりという厚木市最大のお祭りは、代理の議長・副議長が、市議会を代表して公務に当たります。

もっと早く臨時議会を開けないものなのか・・・2期目で気づいた疑問点です。



4年前は、初めての議長選でした。

当時を思い返すと、議長選前に、会派で推されている方が、その会派の代表者と挨拶にいらっしゃいました。

当選したばかりの新人でしたから、どのような思いをもって議長の職に当たろうとしていらっしゃるのか、分からず困った記憶があります。

『議会のあり方検討会』で、議長・副議長選の前に、立候補者が決意表明をする機会を作るか否かを協議した際、この時の思いを発言し、先輩・同僚議員の共感を頂きました。

更に、市民に開かれた議会として、多くの市民にこの決意表明をきいて頂けるよう、公開の場でとの意見も主張しました。

結果は、非公開の場でとのことでしたが、決意表明を行うことができるようになりました。一歩前進です。

その第一回目が、今回の議長・副議長選です。

非公開ですので、議会を一時休止(暫時休憩)し、議場から委員会室に移動して、立候補表明をしている3人の決意表明を聞きました。

そして、また議場に戻り、投票・開票し、議長に小島一郎議員、副議長に川口仁議員が当選されました。



その後、常任委員会と議会運営委員会、特別委員会の委員長と副委員長を決めました。

私は、総務企画常任委員会副委員長、議会運営委員会委員、広報広聴特別委員会委員となりました。

総務企画常任委員会副委員長は、昨年に引き続いて2度目です。

大先輩の沼田幸一委員長の補佐役として、しっかり務めてまいります。


また、広報広聴特別委員会は、『議会のあり方検討会』で協議した結果できた委員会です。

市民に身近な分かりやすい議会を目指し、市議会主催の議会報告会を行うことも協議していきます。

議会のあり方検討会から参加している委員として、取り組んでまいります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。