Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育所の食材の安全性

先日、厚木市内の保育所の栄養士さんに、お話を伺う機会がありました。

保育所で出される給食・おやつの食材に疑問を持った保護者の申し出で実現したもので、私も同行させて頂いたのです。

なぜ不安か。

保育所の食材は、学校給食のように、市で放射性物質の検査をしたことが一度もなく、献立や産地を見ても、被曝をさける工夫が見られないからです。

特に不安な食材は、まず、毎日のように出るきのこ類。

乾燥椎茸は、3日に1度の割合で出ます。

そして、1歳以上の子どもたちが毎日飲んでいる牛乳は、民間の調査でセシウムが検出されたメーカーのもの。

まず、きのこに対する栄養士さんの答えは、「乾燥椎茸は、高い数値のセシウム検出の報道を受け、大分産のものに変更しており、業者が検査した結果、基準値以下で心配ないもののみ使用している。その他のきのこは、屋内栽培のものに限定している。」とのことでした。

きちんと考えてくれているのだと、その点は、嬉しく思いました。

そこで、基準値とはいくつか。そして、九州産でも、原木が原発事故現場付近のものだと、放射性物質の数値が高い椎茸になるとの報告がされている現状をふまえた上で、原木の産地についての質問がでました。

答えは、「基準値は確認していない。基準値以下で心配ないと言われているので、おそらく国の基準値以下だと思う。原木は、どこのものか確認していない。」とのことでした。

国の基準値は、500ベクレル/kgです。

原木がどこのものでも、放射性物質が含まれていなければ、問題ありません。

しかし、基準値以下との確認のみで、その基準値の数値を知らない状態で、原木の産地が分からないとなると、0歳児の子どもから食べる給食として、安心できるものではありません。

原木については、後ほど確認すると、同席した市の担当課長が約束してくれました。

そして、牛乳については、産地の確認と基準値以下との報告をうけているとのことで、こちらも、基準値とはおそらく国の基準だろうとの答えでした。

産地の確認をしているということは、産地を限定しているかのようですが、公立の立場上、限定していないとのことです。

なんの為の確認なのか。

そして、産地より数値というならわかるが、公立としての立場が、子どもの健康より優先するのかと思う答えに、がく然としました。

国の飲み物の基準値以下は、セシウム200ベクレル/kg以下。

産地は、様々な地域のブレンドで、日によって変わるので、今すべてを即答できないとのことでした。

民間の調査結果では、0ベクレルという牛乳もあるので、そういうものを使えないかとの申し出には、数を確保するルートと価格の問題があるとのことです。

では、毎日牛乳をださなくても、カルシウムは、切り干し大根などで代用できないかと、栄養の専門家ではないが、原発事故後、独学で知識を得た保護者より、具体的な提案が出されました。

しかし、あくまで基準値以下だからと主張されました。

セシウムが入っていたとしても、小さな子どもに飲ませるのか聞くと、そのことを気遣うことも大事だけれども、体を作る栄養をとるため、牛乳はやめられないそうです。

極論かもしれませんが、子どもたちの首に甲状腺がんの手術の後が残り、一生ホルモン剤を飲むことになっても、大きく成長すればいいと聞こえ、しかし、そこまで考えが及ばないのかとの疑問から、栄養士さんに、放射能についての研修状況を聞きました。

特に研修にでかけることなく、自分で調べているとのことでした。

自分で調べるのは、たいてい疑問に思ったことのみです。

様々な側面から疑問をもつようになるまでには、よほど関心が高くなければ、何かのきっかけが必要です。

「子どもに関わるすべての職員が、放射能についての研修を受けて欲しい」との議場での要望が、無視され続けていることを、痛切に感じました。

栄養士さんに研修の機会があれば、このような状況にはなっていません。

大切な子どもたちが、毎日口にする給食やおやつによせる保護者の信頼を裏切らないことは、子育て環境日本一の自治体の基本中の基本です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。