Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手をつないで戦う相手

次男の保育所の生活発表会がありました。

以前、都会の幼稚園の発表会を見たことがあります。

完璧でした。

舞台として完成していました。

園児たちも、きっと達成感があったと思います。

素晴らしい発表会でした。

しかし、私の個人的な好みではありませんでした。

録音された声優さんのセリフや歌と音楽に合わせて、園児たちが動いていました。

園児の肉声でセリフが聞きたいな、音楽は、せっかくピアノがあるんだから、生演奏がいいな。

私の勝手な好みです。

きっと、昭和の感覚の私の好みを、平成に求めてはいけないのだろうと思っていました。

ところが、先日見た次男の保育所の生活発表会は、まさに私好みでした。

先生が弾かれるピアノ演奏に合わせて、園児たちが歌を歌い、セリフを言う。

堂々とした子、緊張で上ずった声の子、照れて小さな声になってしまった子、みんな一生懸命練習したんだろうなということは、確実に伝わりました。

学年ごとの成長の大きさもよく分かり、これが、普段の保育所生活の発表の場、生活発表会だなと思いました。

もちろん、都会的な発表会も、見ごたえがあり、楽しめました。

ですので、あくまでも私の好みの話です。

さて、舞台の子どもたちを見ていて、いろんな思いが、ふつふつと沸き上がりました。

この保育所を選んだ理由。

もちろん市役所に近いというのも、理由のひとつです。

そのほかでは、園庭が広く、子どもたちがのびのび外遊びをしている。

テレビがなく、本や、先生方の手遊び、エプロンシアター、紙芝居など、手作りの遊びが充実している。

給食は、化学調味料を使うことなく、干しシイタケで出汁をとる。

おやつのパンまで手作り。

ハイテクを極力取り入れず、昔ながらの育て方を続ける姿勢は、まさに私の好みです。

守ってきた伝統。素晴らしい方針。

そんな中、子どもたちを取り巻く環境が一変したのは、言うまでもなく3月12日。

原子力発電所の水素爆発が起き、格納容器の中の放射性物質が放出、子どもたちの生活の場にも降り注ぎました。

色も味も匂いもない放射性物質は、呼吸や食事、皮膚からも体内に入り込み、特に成長著しい子どもたちの骨や筋肉が、栄養分と間違えて取り込んでしまいます。

大好きな保育所の子どもたちを守るためにも、放射性物質と戦わなければ。

子どもと関わるすべての大人たちと一緒に・・・。

目の前の子どもたちの笑顔を守るために・・・。
スポンサーサイト

コメント

種まきはちゃくちゃくと♪子どもの笑顔は失ってはいけないの。
だって、緊急事態でしょ。国に騙されてはいけないの。
がんばるからね♪背中を押してください♪

発表会ね、最近なくてさみしい。
幼稚園、保育園時代が花だよ~♪

ピーチ姫様

コメントありがとうございます。
子どもの笑顔は、癒されますよね。
ピーチ姫から、ナースとしての体験談を聞き、白血病の闘病生活の本を読みました。
痛い思い、苦しい思い、寂しい思いをする可能性を、大人が増やしてはいけないですよね。
まだまだ学ばなければならない事、知らなければならない事がたくさんあります。
いろいろ教えて下さいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

名切 文梨

Author:名切 文梨
(なきり ふみな)
1967年1月12日生まれ。
北鎌倉女子学園高校卒業。
兵庫女子短期大学食物栄養学科卒業。
ソニーPCL、日本経済新聞社を経て、フリーのアナウンサーに。
2007年厚木市議会議員選挙に民主党公認候補として出馬し、2658票をいただいて初当選。
現在3期目です。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。